PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

同棲を始めることになった経緯


こんにちは、たなはしです。

始めたばかりのブログですが、少しずつコメントを頂けるようになって本当にうれしいです。

飽きっぽいてきとー女子のモチベーションです。

ありがとうございます!



さて、お付き合いを始めて僅か2ヵ月で同棲に向けて動いています。

我ながら突っ走っています。

なぜそんなに早く同棲を始めようと思ったのか、その経緯を書いてみたいと思います。



まず、彼は同じ会社の先輩です。

同じ部署で働いているので、付き合う前からお互いのことは良く知っていました。

価値観も近いですし、一緒にいてすごく楽です。

「この人なら大丈夫!」と心から思えます。

なので同棲にあたって不安は全くありません。



また、恋愛禁止の会社ではありませんが、

同じ部署内で恋愛は少し気まずいよね~ということで社内には内緒にしています。

すると毎日こんな光景を目の当たりにします。

ボンバーマン

若い女の子に絡まれてます。

「さくらいさーん、今日は私おだんごヘアーなんですよー♪」


イチャイチャしやがって…!(怒)


お付き合いを隠しているので、私はこんな風に話しかけられません。

毎日会っているのに、話せない。見てるだけ。

どうにも切なくなってしまったのです。


嬉しいことに彼も同じ気持ちだったらしく、すんなり同棲が決まりました。

アパート探しをしたり、お互いの親に挨拶しに行ったり、この辺のお話はまた後日。





余談ですが、「おだんごなんですよー♪」のアピールに対する彼のリアクション。

ボンバー

ゆるく人をけなすことが得意な彼です。



(ボンバーマンはちょっと男好きの気がある子です)

(ちゃんと彼氏いるんだから、他の男にちょっかい出さないでよー!)

関連記事
スポンサーサイト

| 恋愛 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tekijyo.blog.fc2.com/tb.php/5-9da6879e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。